logo3.gif

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



HOME > 展覧会 > 第9回ユッカヌヒーアート展

展示会

第9回ユッカヌヒーアート展

ギャラリー名:壺屋焼物博物館
期間 :2012年6月19日〜6月24日
住所: 那覇市壺屋1-9-32
website: http://www.edu.city.naha.okinawa.jp/tsuboya/
ykh011.jpg

ykh001.jpgykh002.jpgykh003.jpg
ykh004.jpgykh005.jpgykh006.jpg
ykh007.jpgykh008.jpgykh009.jpg
ykh010.jpgykh011.jpgykh012.jpg
ykh013.jpgykh014.jpgykh015.jpgykh016.jpgykh017.jpgykh018.jpgykh019.jpgykh020.jpgykh021.jpgykh022.jpgykh023.jpgykh024.jpgykh025.jpgykh026.jpgykh027.jpgykh028.jpgykh029.jpgykh030.jpgykh031.jpgykh032.jpgykh033.jpgykh034.jpgykh035.jpgykh036.jpgykh037.jpgykh038.jpgykh039.jpgykh040.jpgykh041.jpgykh042.jpgykh043.jpgykh044.jpgykh045.jpg

琉球新報 美術月評 6月より

 文化を社会に伝えていく役目としてアートがある。そしてアートが栄える事により、生活環境は豊かになる。その事を教えてくれる展示会が「ユッカヌヒーアート展」(6/19~6/24、壺屋焼物博物館)である。
玩具ロードワークスの豊永盛人氏が主催するこの展示会は、今年で9回目を迎えた。
沖縄では過去に旧暦5月4日ユッカヌヒー(四日の日)に子どもたちの健やかな成長を願い、玩具を買い与える風習があった。現代では失われてしまった沖縄独自の風習を取り戻す為に、毎年開催されている。その性格から、通常の展示会とは一味も二味も違った趣がある。出品作家には、「玩具」というテーマだけを伝え各自の解釈で作品を制作し出品されるので、必ずしも「玩具」が展示されている訳ではない。琉球張り子から、創作カルタ、着ぐるみから、立体作品、平面作品など様々な作品が展示されるが、見るだけでなく、触って遊べる作品もあり、親子共々楽しめる展示会になっている。「玩具」というテーマから発想された作品たちは、どれもユニークでなによりユーモアがある。アートという堅苦しい考えを取り払い、見て触れて楽しむという体験は、生活や精神を豊かにしてくれる。しかし本来アートの役割は、そこにある。過去にこの日が風習として根付いていたという事は、豊かな文化、生活習慣、そしてアートへの関心があったと言える。今後も継続して、是非とも風習として根付かせていってもらいたい。

黄金忠博